Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

人を頼る処世術

世の中には、顧問という立場の人が多く居る。やくざの顧問とか、顧問弁護士というのは違うが、定年退職した方たちが経営顧問とか技術顧問とかになっている、あの顧問である。
いわゆるアドバイザー的なポジションというと分かりやすいと思う。こういった立場に就く人はそれなりに社会的地位があった人々が多い。もちろん天下り的に単に顧問料、ようはカネが欲しくて名前だけ貸しているように思われる場合もある、が、そうではなく、大した顧問料も貰わず、下手をすると自腹で交通費など負担して顧問をしている、という方が多い。

なぜ、自腹を切ってまで顧問などするのか?

憶えた事を他人に伝えたい

そういった顧問の多くは、自分が経営畑や技術畑などで経験し、憶えていった知識を、第三者に伝えたい、という想いから、顧問になっているケースが多いように思う。
現役時代は地位があり、組織内外のいろいろな人々と接し、時には意見を求められ頼られていた、それが退職を境になくなってしまう、その事に寂しさを覚えた人が顧問になっている。

頼られる事が活力になる

頼られ意見を求められる、この事は、若いうちは煩わしく思う事が多いだろう。そんなもの、自分で考えろ!と言ってしまいたくなる。ところが歳を取っていくと次第に、頼られるということが嬉しく、気持ちよくなっていく。頼って貰う事が生き甲斐に、活力になる。それが絶たれるのが退職の瞬間だ。

頼る人間は少ない

ところが、いざ顧問等になってみても、アドバイスを求めてきたり、意見を欲したり、頼ってくれる人間というのは実は少ない。もちろん、カネやコネを求める輩は多いだろうが、彼ら顧問が欲しているのは自分の人生、生き様を聞いてくれる人間であって、カネやコネなど念頭に置いて話しかけてくる輩はゴメンだろう。
そういう下心のある場合を除けば、大半の若者たちは、ジジイの話なんかめんどくさくて聞いてられるか、というスタンスだから、まともに頼ってくれる人などほとんど居ないのだ。

寂しさの恐ろしさ

人間というのは、とても弱い生き物だと思う。顧問として、今まで関わっていた組織とは別のところで活動し始めても、たいていの組織人は外から来た人をまず嫌がる。それが偉そうな指摘や長ったらしい話をする爺さんなら尚更、といったところで、顧問達と積極的に関わろうとする人間はあまりに少ない。

そうなると、どうなるか?

多くの顧問は、とても寂しい思いをする。ここの組織でも自分の気持を受け取ってくれる人間は誰も居ないのか!
寂しい、悲しい、そんな気持ちになっていく。次第に口を閉ざし、関わるのをやめていってしまう。退職後一気に老け込んでしまうというのは、そういった理由が大きいように思う。

頼る処世術

もうお分かりかとは思うが、こういった顧問たちと積極的に関わる事こそ、重要な処世術であると私は思う。
ゲスな話は敢えて書かないでおくが、使い方によっては恐ろしい力になる。
とはいえ、彼らは人を見抜く目はしっかりと持っている。知情意といった事を説く方もいる。彼らに魅入られるために必要な事は、よこしまな考えを抱かない事だと思う。

Windowsのエクスプローラと馬鹿な上司の共通点

私は普段、デスクトップにファイルを並べると言うか、仮置きしておく癖がある。その後、重要だと思ったものはクラウドのフォルダに入れるなり何なりするが、さして大事でもないものは、そのまましばらく置きっぱなしになる。ある程度時間が経って埋まって来たら、NASのバックアップフォルダに日付のフォルダを作って、全部放り込む。後で必要になるかもしれないからだ。

先日もそんな作業をしていて、ふと思った。

ファイル転送中の「無駄なサムネイル処理」

ご存知の通り、Windowsエクスプローラでファイル移動をすると、移動先のフォルダでサムネイル処理が行われる。いわゆるファイラーなどめんどくさくて使ってられないと思う私としては、いつもエクスプローラで移動させてしまう。
このとき、移動先フォルダを表示させたままにしておくと、移動中にもフォルダ一覧やサムネイル作成が行われる。移動先がSSDだったりしたら大した速度低下にはならないが、NASのように低速のメディアだとそれなりに遅くなる。

馬鹿な上司にそっくり

このエクスプローラの動作を見ていて、ハハァ・・・と思ったのが、進捗確認を密にするように!ほうれんそう!のような馬鹿な上役によーく似てるなぁ、という事。
要するに、ファイル移動は何事もなく行われているのに、その真っ最中にフォルダ一覧やらサムネイル作成やらしたら、ファイル移動は一時止まったり遅くなったりして当然だからだ。
「何々の件、どうなった?」「途中経過でいいから報告して」云々上司に言われて手を止めている部下そっくりではないか。

対策もそっくり

もちろん、Windowsエクスプローラにそういった動作をさせないようにする方法もある。対象フォルダでなく、3つくらい上層のフォルダに切り替えておくか、フォルダを閉じてしまえばいい。
これも馬鹿な上司対策とそっくりだ。机の上に資料を置かない、置くときは関係ない資料を上に置いて目隠ししておく、報告の段になったら「見せても文句言われないように余計なところは削る」などなど。

馬鹿な上司は仕事を遅くさせている

ウチの上司(私自身も中間管理職だが)は幸いな事に放任主義で、やってる最中にあーだこーだ言わない。月例MTGで報告はするが、このときは余計なところを削除したものだけ見せるので、やはり異様なツッコミは来ない。
新人のときには、ほうれんそうだの何だの、ウザい事をいっぱい言われた。そのたびに仕事を止めて、データを全部見せて余計怒られたりした。必要以上に進捗を要求する上司は害悪でしかないと思う。

もちろんWindowsエクスプローラも同様に。ファイル転送終わってから一覧なりサムネイルなり勝手にやってほしいものだ。

石垣島(離島)にゆうパックを出してはいけない

年度末で空き時間が結構取れたので、八重山諸島石垣島西表島)にダイビングに行くことにした。本州はこの季節、ドライスーツでも持ってないとまだまだ寒い。私が持っているのは3mmと5mmのウェットスーツだけなので、沖縄以南でないとまだ難しい。

嵩張るものは宅急便で

普段はだいたいどこに行くにしても、クルマ以外のときは、荷物をまとめて宅急便で送ってしまう。特にウェットスーツというのは結構嵩張るもので、単体で箱詰めしても120サイズでは厳しいくらいの大きさになる。単体でスーツケース1個締められてはたまらないので、今回も宅急便で送る事にした。

問題は料金で、離島だとクロネコも佐川も結構高い。そこで今回はじめて、ゆうパックを利用してみた。概ね1500円ほど安く済んだ。

ところが・・・。

航空便の対策はしていた

送ったのは、今月11日。今日、石垣に出発して明日潜る予定なのに、滞在先のホテルにまだ届いていない。
事前情報で、ゆうパックは電池やスプレー缶など航空輸送禁止品を入れていなくとも、品名を具体的に常識レベルでしっかり書かないと船便変更されてしまう、という話を聞いていた。そこで、荷物の中には着替えとウェットスーツ、及び着替えをまとめたスーツケースのみ入れ、カメラや他の軽器材はハンドキャリーで行く事にした。カメラは電池を抜けば良いらしいが、勘違いされたくないので入れないでおいたし、航空輸送禁止品が入っていないか、ダンボールに詰める前に2回確認した。品名は次の通り。

衣類、ウェットスーツ、スーツケース

これで大丈夫か?と郵便局の窓口で何度も確認した。これなら大丈夫だと局員も太鼓判を押した。加えて、配送の履歴情報のどこにも「通過(車又は船輸送に変更)」という文字は入っていなかった。なので少し安心していたのも悪かった。

それでも船便変更されてしまった

にも関わらず、問い合わせた結果、船便に変更された事が分かった。船便では概ね7日以上はかかるようなので、もう間に合わない。
電話口の局員に対して、何が理由なんだ?何がまずかったんだ?と散々訊いたものの、分からないの一点張り。
荷物が問題なくとも、天候次第で船便はありえるが、今回は飛行機の欠航も出ていない。数日前から確認している。

可能性として、次のようなものを指摘された。

品目にあるウェットスーツが、ボンベを連想させるのではないか?

X線検査で、航空輸送出来ないような物の影が写ったら、船便変更される

めちゃくちゃだ。「ダイビング器材」とか適当な事を書いていたらシリンダー(ボンベ)入ってると思われてしまうかもしれないが、ウェットスーツからどうやってシリンダーを連想させるのか、意味不明だ。
他にも例えば、スーツケースのキャスター部分が丸いから、それがスプレー缶のように写ったらアウトなのでは・・・とのこと。
そういうとき、クロネコや佐川は電話連絡してきて、開封して確認して良いか訊いてくる。それで確認されれば航空輸送される事になるが、郵便局はそういうことを一切やらないらしい。

絶対に、離島にゆうパックは出さない事

普段私はゆうパックをあんまり使わない。現金でしか払えないからだ。クロネコなら電子マネーで払えるし、Web登録で送り状も書かなくて良いので楽に利用できる。ただ、離島は結構高いので、今回に限ってゆうパックを利用した。

これが大いに仇となってしまった。金輪際、二度とゆうパックを使うことはない。どこに送るにしても、だ。私は高身長すぎて既製のレンタル品等のウェットスーツは着れず、特注のものを使っているため、たとえダイビングのメッカであろうともレンタルは不能。スーツなしでファンダイブを請け負ってくれるショップもなく、今回は行くには行くがダイビングは見合わせるしかないという最悪の事態になった。

おまけに着替えまで別途用意しなくては。本当に最悪だ。こちらがどんなに気を使っても、お役所仕事でハイ駄目と言われてはどうしようもない。

4月発表の携帯各社料金の予想 完全分離でどう「高くなるか」

今国会に提出された「電気通信事業法の一部を改正する法律案」。3月中は間に合わないので4月に審議して5月に通るだろうという見方が一般的。その後、政令省令を作って8月か9月に施行される見通し。これで、例えばdocomoの料金プランはどう変わるか?

◆通話料金
5分定額  1700円
完全定額 2700円

◆パケット料金
1GB  1700円
3GB  5500円
20GB 6500円
30GB 7500円

こんな感じになるように思う。全然変わってないじゃないか、と思われるかもしれないが、その通りだ。そんなにガラっと変えられるわけがない。これに端末代金を乗せたら激高になる・・・と思われるはずだが、そこは上手く回避してくるはず。それについて述べてみたい。


国の方針

法改正の要点を箇条書きにすると、

  • 「端末の購入を条件とする通信料金の割引禁止」
  • 「通信契約の一定期間の継続利用を条件とした、端末代金の割引禁止」
  • 「販売店は全部国に届け出が必要」

ようは、端末と料金の抱き合わせ販売で割引することを禁止にするとともに、販売店が独自にやった等と言い訳出来ないようにもする、という感じ。ここの抜け道は、「抱き合わせ販売は駄目」という点にあるように思う。逆に捉えれば、

  • 「端末の購入を条件にしないなら、通信料金割引OK」
  • 「通信契約の一定期間の継続利用を条件とした、通信料金の割引はOK」

ということになる。ここが抜け道になるだろう。


実質的に「安くなる事はありえない」

国や総務省の方針に両手を上げて従ってたら大損になってしまうので、安くするということはありえない。問題は、どうやって高くするか、である。

4割安くなるプランの新設?

まず、菅が言い放った「4割安くなる」への対応。お国の方針には逆らいませんよ、というパフォーマンスは必要だが、実質これは行わないのではないかと思う。もちろん、段階的課金プランで最低料金を下げてくる可能性はなくはない。が、後に述べる方法で通信料金を見かけ上、安くすることが出来るので、特に対応する必要はないかもしれない。


抱き合わせ販売NGなら、抱き合わせ「利用」はどうだ?

ここが、端末代金を値引くカラクリになる。ようは、特定の端末を利用したら通信料金が安くなる、というふうに変更すれば良い。販売ではなく、利用・使用だ。

端末は1~2割引で普通に買わせる。そして端末のIMEIを記録しておいて、そのIMEIからの利用料金を2~4年限定で4割引にし、2~4年使ったら実質0円になる。

もちろん一度契約を切ったり、他の機種に変更した場合は、料金割引終了になるし、他の端末を使った場合は一切割引されなくする。


販売でなく利用で回避出来るザル法

法律の要点は、建前上の販売を前提にしている。法律案にも次のように書かれている。
総務省|国会提出法案

その移動電気通信役務の提供を受けるために必要な移動端末設備となる電気通信設備の販売等に関する契約の締結に際し、利用者に対し、電気通信事業者間の適正な競争関係を阻害するおそれがある利益の提供を約し、又は第三者に約させること。(をしてはならない)

これは「販売すること自体」を割引の条件にしてはならない、という意味なので、「定価で別途買った端末の使用・利用を前提にする」ということであれば良いことになる。もちろん、実質的には「販売」を前提にしているものの、契約上は「利用・使用」を前提にしているので、法律を回避出来てしまう。
キャリアの販売員にも「この端末買えば安くなりますよ」という謳い文句をNGにして「この端末を利用すれば安くなりますよ」と言うように指導する。これで回避出来るザル法なのだ。


解約金以外での縛り

現在は、2年なり4年使わないと違約金が発生する。最低利用期間1年などというのもある。これが出来なくなるので、別の事で縛らなくてはならない。そこで先程のIMEI作戦だ。

一度でも解約したり、他機種に乗り換えれば、1~2割引で買った端末が「ゴミになる(通信料金割引されない端末になる)」

という事であれば、簡単には解約しないだろう。それこそ大損だからだ。
加えて、中古端末市場の活性化も避けられる。中古で買った端末では割引が効かないのだから、MVNOで使う以外はまったくのゴミになるし、キャリアで買った端末を売ろうとする人間も減らせるし、一石二鳥だ。


IMEI縛りはSoftbankがすでにやっている

IMEIで縛る、という手法は、SoftbankAndroidスマホですでに行っているものだ。契約時以外の端末を使うと料金が高くなるのではなく、パケット通信自体が出来ない。docomoがこれをそのままやったら総務省が黙っていないだろうが、通信料金割引を効かなくするくらいであれば、当面はお目溢しして貰えるだろう。


完全分離で逆に高くなるのは間違いない

こうしたシステムの新規導入に関わる費用も上乗せされるだろうから、安くなるということはまず100%ありえない。普通に契約したら1~2割高くなるだろう。そして、上記に述べたシステムによって、現在のシステムが上書きされるだけになり、実質的には何も変化しないはずだ。一括0円が出来なくなる程度か。

以上の事は私が適当に考えただけのもので、キャリアの内部情報などではない。が、あの法案の文面を見たらパッと思いつく内容である。
法律には常に抜け道が用意されている。法案作った奴もこんなことは重々承知の上でやっている。所詮出来レースでしかない。

Root状態のPixel3のアップデート

特にPixel3に限った話ではないがメモ程度に。

はじめに

Root状態ではOTAでアップデート出来ない。やり方としては、公式からファクトリーイメージを落としてきて、wipeを外して焼くだけ。wipe外せばデータは消えないので、いちいちバックアップ復元とかの手間はない。
アップデートするとMagiskが入ってない状態になるので再度TWRPから入れる。このとき画面ロックをかけたままだと、TWRPがパスワード入力しろとか言ってきて(何を入れても無駄)先に進まないので、画面ロックを外してからMagiskを入れる。

アップデート方法

まず公式からファクトリーイメージを拾ってくる。
Factory Images for Nexus and Pixel Devices  |  Google APIs for Android  |  Google Developers
無印とXL間違わないように。

次にこれを解凍すると、flash-all.batが出てくるので、テキストエディタで開いて、-wを消す。

次にUSBデバッグモードにしたPixel3を繋いで、コマンドプロンプトからadb reboot bootloaderしてbootloaderに入り、先程のバッチファイルを実行。これでアップデート自体は勝手にやってくれる。

なお-wを消さないとワイプしてくれるので全データが消える。基本的には-wを消しておけばデータは消えない。

Magiskインストール

再起動後にMagiskマネージャの状態を見ると、マネージャは入っているけどMagisk自体が入ってない状態になっている。アプリからインストールは無理の模様。
しょうがないのでTWRPからインストール。これは以前説明したとおり。現状Magiskの安定バージョンは18111で、18112はなんかヤバそう。
ahiru8usagi.hatenablog.com
TWRPからのインストールはこのサイトの通りに行えばいい。

注意点は、TWRPが起動したあと、パスワード入力画面なるものが出てくる点。
ここではどんな文字列入れてもエラーになる。

回避方法は簡単。
scratchpad.jp
ここに書いてあるとおりで、ようは画面ロックを外せばいい。指紋など再登録になるが、5本登録してもせいぜい1分以内だろうからめんどくさがらずにやる。

以上で終了。なお、民泊テザリング有効化等行っていた場合は再度行う必要がある。

アリとキリギリス

昔は、冬に備えて頑張ったアリが、暖かい家の中から外で凍死してるキリギリスを見てドヤるお話。
今は、働きすぎて鬱病で退職したアリを、ユーチューバーで大成功したキリギリスが見てドヤるお話。