読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

iPhoneが薄さにこだわる弊害

iPhone7を返品した。もともとApple Storeから購入していたので、2週間以内なら返品可能だった。返品の理由は色々あるが、一番は片手で使えない事だろうか。

同じ4.7インチ液晶のXperia Z3 compact(以下Z3C)は片手でギリギリ使える。Androidなので液晶上のキーが常時下部を専有しているというのを除いても、iPhoneSEよりは画面は大きく見やすい。何より、片手でフリック出来る。

iPhone7はどうかと言えば、フリックしていてBSを押したいときに親指がギリギリ届かず、持ち方を変えなくてはいけない。液晶上部を押すときもやはり持ち方を変える必要がある。

持ち方を変えようとすると、全体的に丸っこく指の引っ掛かりがほとんどないiPhone7(6も6Sもだが)は、よく注意していないと落としそうになる。iPhone3Gは背面が丸かったため、手のひらとの密着性が良く持ちやすかった。だがiPhone7は背面も平面で、密着性は良くない。

これでは到底、ながらでは使えない。両手で使うくらいならiPhoneじゃなくてもいいや、となってしまった。

薄さにこだわる問題

iPhoneが薄さにこだわっている理由が、いまいち釈然としない。iPadであれば、薄い方が確実に携帯性は良くなるから、これは当然支持できる。が、スマホであるiPhoneを薄くしても何のメリットもないのではないか。

まず強度が落ちる。筐体を極限まで削るわけだから、これは当然。

次にフットプリントがデカくなる。厚みのある部品の裏側を液晶にする事が出来ないためだ。Z3Cはメインカメラの裏側に液晶が被っているが、これを今の設計方針のiPhoneで実現するのは不可能だ。

フットプリントが大きい事でデッドスペースが増え、結果的に筐体はデカくなってしまう。

デカく、薄く、液晶は小さく、カメラ部は出っ張る。まったく意味のない設計だ。

ジョブズの支配を離れたiPhoneは、開発者のオナニーになっている気がする。

他の問題

あとiPhone7に思った事は、液晶の端部が湾曲しているせいで市販のガラスフィルムが全面に貼れない。若干浮くような感じになり、フィルムがすぐに割れる。

手ブレ補正が思ったより効かない。iPhoneSEと撮り比べてみて違いが分からない。片手持ちで撮ろうとすると、iPhone7は非常に持ちにくい。

イラついたのはシャッター音の大きさ。静かな観光地でセルフィーしたら、あまりのシャッター音に周囲の人が振り向くありさま。常軌を逸している。

使っていて、かなりイライラが募った。Appleの製品で、ここまで「合わない」と感じたのはiPhone7が初めてだ。

我慢して使うくらいならいらない。初めてそう感じた製品だった。

この日記がパクられていた件

ほぼ全内容をパクった奴がいたので書いてみる。

http://blog.goo.ne.jp/freedomeagle/e/7f04307870674f75647d9fb31df66d41

消されると何なので魚拓も取っておいた。
【魚拓】EU9i(エコモード)でウインドエアコンを動かす、超簡単改造 1/2 - 帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に-

パクられた私の元記事はこちら。

http://d.hatena.ne.jp/lettuce_chan/20130706/1379122540

見ての通り、パクった方の日付は半年ほど新しく、ウチの方が古い。当時私がこの記事を書いたときには、同じ手法を取っていた人間は検索した限り居なかった。

基板のラインカット部分など、完全なパクリ。
http://f.hatena.ne.jp/lettuce_chan/20130708122847
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3b/48/561a6554add29660d7dc9588068533a0.jpg

このラインカット部分のうち右側は、私は偶然ここで切っているだけで、必ずしもこの部分でなければならないわけではない。むしろ回路の常識的に考えれば、ランドパターンの大きなところから生えている根元で切った方が良いので、こんなところで切るのは不自然だ。

にも関わらず、パクった奴はまったく同じところで切っており、いかにもパクりましたと言わんばかり。もしパクリじゃないと言うのなら、なぜこんな箇所で切ったのか訊きたいものだ。

まぁ別にパクるなとは言わないが、出典元くらい書いて欲しい。

内容を真似てやってみた上で、それをさらに事細かく説明するというのなら、別に私も文句など言わない。
が、発想も内容も完全にパクった上、さも自分が考えたような口調で書かれるのは、私としても気分が悪い。

あとまぁ、どうでもいいことだが、パクった奴の文章は、ハゲ散らかしたオヤジが一人でボケツッコミやって滑ってるような書き方で気持ち悪い。

Apple SIMにSoftbank登場、しかし・・

Appleが全世界展開している、AppleSIMにSoftbankが登場した。

画像はiPad Proのものだが、AppleSIM単体でも1年ほど前から売っており、主に最近のiPad製品に対応している。ちなみにiPad pro 9.7インチは(当然Cellularモデル限定だが)、デュアルSIM仕様となっており最初から入っている。

これまでは国内ではauのみAppleSIM対応プランを出していたので、Softbankも選択出来るようになったのは嬉しい。

ただし、

料金はauとまったく同じ、1GB1500円(31日間有効)のプランしかなく、あまり意味がない。
私はiPad Pro 9.7のSIMフリーで、海外では現地でSIM買うのが面倒くさいのでちょくちょく使っていたが、国内ではMVNOで満足しており、さっぱり出番がなかった。
せめてもう少し安いか、容量の大きなプランを出してもらいたいものだ。

iPhone7に見るAppleの混迷

これまで私は4インチを超えるiPhoneにはまるで興味がなく、iPhone6も6sも見送ってきた。iPhoneは5S→SEだった。一方でAndroidの比較的コンパクトな、Xperia AXやZ3C、Z5Cを、SuicaEdyが使えて防水という事から、iPhoneと二台持ちで使ってきた。
ところがiPhone7は、防水かつFeliCa搭載という。これは4.7インチの無駄なデカさを度外視してでも手に入れるべきと、予約開始と同時に一も二もなく食いついた。

それはともかくとして。

ジョブズへの反動

iPhone7の機能の意味するところを端的に述べれば、それは混迷に苛まれる現Appleの姿そのもの、と私は思う。

スティーブ・ジョブズはポリシーを曲げず、己の意に介さない物を作らず、欲しい人だけが買えば良いというクリエイター魂を前面に押し出したような人物だった。iPhoneでは4Sまでが彼のオリジナルと言えよう。周囲に押され、渋々承諾したのが5である。
彼が亡くなった事でタガが外れたAppleは、市場動向を反映した6及び6plusを出した。しかしこれは、どちらかといえばジョブズに対する反動の意味合いが強いと言える。
iPhoneSEを出したのが、その証拠である。もしジョブズが生きていて、彼自身が6を押していたとしたら、SEは出なかっただろう。彼は過去を振り返る人間ではない。

iPhone7でAppleは、防水のためにイヤホンジャックを廃した。この事からは、Appleの混迷が色濃く浮き出ている。

イヤホンジャックがなくなった理由

Appleは、ホームボタンを感圧式に変えるための部品搭載で、イヤホンジャックをなくさなくてはならなかった、的な説明をしているが、少し考えれば分かる通り大嘘である。
他にも新機能がてんこ盛りされているのだから、そのうちどれかを諦めておけばいい。一番不要そうなのはステレオスピーカーだろうか。防水ジャックが製品化されているのなら、何の事はない、ステレオスピーカーなんぞ諦めて、その部分に感圧のための部品を搭載すればいいのだ。
そもそもAppleは、イヤホンジャックの防水を随分前から考察していた。こちらなど、その最たるものである。
パテントを出しておきながら結局廃する事となったのは、製品化が間に合わなかっただけと捉えるのが妥当だろう。ちなみにAppleはデザインハウスのため、実際に製品(部品)を作るのは外部のメーカーである。ネゴシエーションが上手く行かなかったか、部品メーカーの開発スピードがいまいちだったか、そんなところだろう。

単なる見切り発車

ジョブズがもし生きていたなら、というのは、まぁよく語られる事ではあるが、もしそうだったとしたら、恐らく「防水はもう1年待て」と、普通のジャックを搭載して、防水機能は見送られた事だろう。
防水などなくても、iPhone7には魅力的な機能が備わっている。

それらの新機能にiPhone7の売れ行きを託せず、力技で防水としてしまった事からは、Appleの自信のなさが滲み出ている。日本のガラパゴスNFCFeliCa搭載も、やはりジョブズを激怒させるような行為だろう。

確かに客は喜ぶだろう。私も喜んだ。しかし、それだけだ。Androidの真似ではないか。しかも従来からあった重要な機能を廃した。彼らには、踏みとどまる勇気がなかったのだ。

Appleの混迷

Appleは、ポリシーを失ってしまった。気に入ったら買ってくれのスタイルではなくなってしまった。今や彼らは、世界でもっともiPhoneを蔑んでいる人々だろう。Androidより下だと思ってしまっているのだ。

あの下衆なホモ野郎は、クリエイターではない。金の亡者だ。

熱硬化性・熱可塑性といういい加減な分類

樹脂の大分類に、熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の2つがある。が、私はこの分け方がとても嫌いだ。

樹脂はすべて熱可塑性

基本的に樹脂はすべて、熱可塑性である。温度を上げると固体→液体の相転移をせずに固体から直接分解するもの(フッ素樹脂とか)はあるものの、そういった物でも温度を上げれば軟化するため、熱可塑性に変わりはない。

私が業界に入ってすぐの頃に、当時あまり好きでなかった上役が「シリコーンゴムは熱硬化・熱可塑どっちだ?」という質問をしてきた。当時の私はこれに上手く答えられなかった。

その理由は、こういう紛らわしい事を書く輩が多いためである。
https://www.silicone.jp/contact/qa/qa003.shtml

シリコーンゴムは熱硬化性樹脂です。RTV(室温硬化)ゴムのように室温で硬化するものがありますが、一般に温度が上がると硬化のスピードは速くなります。

これは架橋反応する前の樹脂について言っているから、熱硬化だと言っているだけで、固まった後のシリコーンゴムは熱可塑性である。
ちょっと厭らしい例を挙げると、エポキシ樹脂は未硬化では熱硬化性だが、固まった後はエポキシ基という置換基を失ってしまっているためエポキシ樹脂とは呼べず、エポキシ樹脂はすべて熱硬化性だなんてのもあるが、それにしたって、固まった後の物はやっぱり熱可塑性なのだ。

用途的分類

熱硬化性樹脂が熱硬化性と呼ばれるのは、架橋反応を起こしやすい未反応の官能基を持っており、架橋によって分子量を上げる事が出来るから、である。

架橋は基本的に重合反応だ。ということは、例えばラジカル状態にあるエチレンオリゴマーだって、重合反応による分子量増大性を持っているのだから、熱硬化性樹脂と呼べるではないか。

エチレンラジカルと、世に言う熱硬化性樹脂の違いは、常温常圧で安定して存在出来るか否か、それだけだ。エポキシ基もアクリル基も、三員環やダブルボンドという常温常圧で比較的安定した官能基を持っているため、それ単体を「材料」として扱う事の出来る化学種になる。だから、用途的に、これから熱硬化を起こす事が出来るもの、として、熱硬化性樹脂なんて名前が付く。

しかしこれは、常温常圧という前提を取っ払ったら、例えば200℃くらいにしたら、エポキシドは開環してしまい、他の官能基と容易に反応してしまって、安定しなくなる。つまり熱硬化性樹脂ではなくなってしまうのだ。

であるので、熱硬化性だなどと言うのは樹脂の用途的状態分類であって、樹脂自体の分類とは到底言えない。

ポリエポキシは存在しない

この用途的状態分類が広まってしまった原因は、先ほども挙げたエポキシにあるように思う。他の熱硬化性樹脂は、ウレタンだろうとアクリルだろうとシリコーンだろうと、重合後の分子骨格に官能基の原子配列がそのまま残るため、自己重合ではポリなんちゃらという表現が可能になる。

ところがエポキシだけは、環がブッ壊れて反応するため、ポリエポキシという表現が出来ない(無理やり呼んでる輩は居るが・・・)。一般的にエポキシはエチレンオキシドの三員環を失った瞬間、エポキシではなくなってしまう。なのでしょうがなく、エポキシの重合物とか、エポキシの反応後生成物、という、なんとも間抜けな表現をするしかない。

ここにおいて、エポキシ樹脂は一般的に唯一の、熱硬化性樹脂足りえる。ある特定の熱力学的平衡状態における、用途的一過性の熱硬化性樹脂である。

バンテックTerra500を見かけた

つい先日、往時の名車(迷車かもしれない)バンテックのTerra500を見かけた。キャブコンである。設計は20年以上前なのでほとんど中古市場にも出回っていないが、見かけたTerraは新品同様。塗り直しかとも一瞬思ったが、リアキャリアのサビや腐食の仕方などから見て、車庫保管してほとんど乗ってなかった物に思えた。

このTerra500・・・というかこの年代のキャブコンは、高機能化の過渡期くらいのクルマで、今考えるとなんとも不格好なクルマである。

高床ナローシャーシワイドボディ

小型トラックのシャーシには、用途に応じていろいろな種類がある。

小型商用トラックの多くはジャストローとかフラットローとか呼ばれる低床式である。後輪を前輪よりも小さくして、荷室を全面フラットにする(タイヤハウスが荷室内に突き出さない)という構造で、低重心にもしやすいため、大抵のキャブコンは低床式のシャーシを使う。

ちなみに、シングルタイヤのものをシングルジャストロー、ダブルタイヤは単にジャストローと呼ばれる。キャブコンはだいたいダブルタイヤだ。

ただ、低床式は最低地上高が低く一般に走破性が悪いので、砂利トラには向かない。なのでそういった用途には高床式という、昔ながらのトラックが使われる。

キャブコンでも走破性を高めたい(雪道とかバンバン走るぞ)人向けに、高床式を使う場合がある。が、キャブコンの多くは居住性を良くするためキャビンがワイド幅になるため、高床式のシャーシでもワイドシャーシ(ワイドボディ)を選び、極力安定性も維持しようとされる。4トン以上のデカいベース車でも、高床が使われているものを目にする。

が、Terra500やこの世代のキャブコンはなんでか知らないが、ワイドではない高床式のシャーシを使っている。もちろんシングルタイヤだ。キャビンはワイドなのでフェンダーというかタイヤハウスがかなり奥に引っ込んでいる。おかげで室内レイアウトが固定化されてたり、床下をあまり利用しない設計で重心が高くなっていたりして、横風に煽られたら一発でコケそうな、なんとも不格好なクルマになってしまっている。

ベース車は3Lディーゼルなので加速は悪くなく、スピードも結構出る。今の世代のキャブコンなんかよりずっとハイパワーなので、結構かっ飛ばしてたりする。後ろに付いた車からは、猫板渡してキャベツ満載の軽トラが前に居るような気分になり、結構怖い気がするが・・。

NHKはなぜうららを切り捨てたのか?

簡単な事だ。

貧困だー!、と騒いでるのは、うららのように本当は貧困でもなんでもない単なる貧乏人のプロ市民である。
今回の事件は、そういう連中が、貧困ビジネスをやっているNHK他の真っ赤な利権団体に担ぎ上げられた事が切っ掛けだ。

利権団体から見た場合、担いだ神輿のメッキが2ちゃんねらーやツイッタラーがベタベタ触ったせいで、予想よりずっと早く剥げ落ちてしまった。そこでポイ捨てしたというのが、切り捨ての理由である。

今頃NHK他の利権団体は、他の誰よりもうらら自殺を願っているだろう。死んでくれたら、また担げる位牌になるので。