読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

エイジング

デスクトップスピーカーを買い替えてから、エイジングのためと、ある程度の音量で聴く機会が増えた。

そこでエイジングについて、他の人がどんなことを述べているかと気になりググってみたが、あまり的を射たものがない。

Wikipediaですら見当違いな内容が書かれている始末。そこでWikipediaを少し編集してみた。

一般に可動部を持つ製品は、工場出荷の段階では規定寸法に組まれているだけであり、設計性能及び品質管理のトレンド範囲内に収まっているだけと言える。しかしながら、使われている部品の材質、特に金属及びポリマーの原子・分子骨格構造は、製造から間もない場合、様々な外力・応力により刻々と変化し続けるものであり、安定期には入っていない場合が多い。そのため製品全体の性能も若干ながら変化し続ける。

安定期に入った部品の原子・分子骨格構造が所定の物性(強度や電気特性)を満たさなくなった場合、故障という現象に至る。短期間のうちに起きるものを特に初期不良等と呼ぶ。初期不良の原因として、設計不良がある場合、それは安定期における物性の見誤りということになる。ただし、故障は破損である場合も含むため、故障原因自体が部品の性能安定化におけるトレンドオーバーというわけではない。

各部品に与えられるべき外力・応力は、その部品に与えられた役割によって決定されるべきものであるため、実際にその仕事をさせる事で、その仕事に向いた性能へと導く事を「エイジング」と呼ぶ。

内燃機関、電気回路、音響機器、酒についても加筆・修正してみた。