Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

情弱 佐野研二郎の罪

盗作常習犯 佐野研二郎

自称アートディレクターの盗作魔、佐野研二郎がついに画像盗用を認めた。2ちゃんねらーによる徹底的な調査と、Twitterによる拡散によって多くの人が佐野の数々の盗作を知る事となり、ベルギーの告訴は間違いなく負けると踏んだ五輪委員会も折れざるを得なかったというところだろうか。

佐野はネットに落ちてる色々な画像をパクり、時には著作権タグを塗り潰して盗用していた、生粋のパクリカス日本人だ。日本のパクリ文化においても傑出した逸材であり、影絵の画像やらフランスパンやら、こんなもんスマホですぐ撮れるだろ、と思えるようなものまで、すべて盗んで来ていた。もはや万引き少年レベルである。

一応美術大を出ているわけで、学生のデザインをパクるなり部下のデザインを盗むなりいくらでも出来ただろう佐野が、どうしてネットのデザインをパクりまくり、さらに写真盗用まで常習的にやっていたのか。これは恐らく育ちの悪さと関わりがあるのだろうが、まぁそれは置いといて、なぜ佐野がここまで追い詰められたのかについて、考えてみよう。

佐野がオワった理由

追い詰められた原因は、2ちゃんねらーを敵に回したから、ただそれだけだ。小保方晴子も盗作捏造で叩かれまくったが、アレは博報堂にコネもなく、マスゴミに圧力かけて貰えなかった事が原因だろう。オボチャンを葬ったのはマスゴミであり、ネラーはお手伝いしただけに過ぎない。
佐野はマスゴミに圧力かけて報道規制を敷けた。にも関わらずオワってしまったのはひとえに、ネラーを本気にさせてしまう何かがあったからに他ならない。

顔がヤバすぎ

それはなにか。一言で言うならそれは、面構えの悪さ、である。
佐野はどう見ても、カタギには見えない。おまけに朝鮮人臭い顔立ちだ。一見しただけで、なんか悪い事やってそうだなぁとひしひしと感じてしまうほどの悪人面だ。チャカ振り回してカチコミに行っても全然不思議じゃないというか、しっくりと来てしまう。美大よりもヤクザ事務所の方が似合ってる。

実は私は、佐野の面を最初に見た時(もちろんネットでだが)、ピン!と思い当たる人物がいた。

それは、坊や哲に出てくる春木文彦だ。

なんかこいつ、春木によく似てないか?と。しかも得意ワザが、牌譜のコピーと来た。まさか佐野は坊や哲の春木をパクった面構えにしてたのか・・・と思ったほどだ。

まぁそれはともかくとして、佐野はとにかく人相が悪すぎる。こういう人相の悪いデブが広告代理店とツルんで利権食いまくってるとなれば、ネラーが怒り狂わないはずはない。

佐野がオワってしまった理由の一つは、彼の人相にある。これは誰もが認める事だろうし、あのような悪人ヅラになったのは、圧力を背景とした盗作窃用の常習犯だったからではなかろうか。

態度がデカい

盗用疑惑の際の記者会見を見て、真摯に振舞っていると思った人は居るだろうか?
とんでもない、まったく逆だ。始終偉そうな態度で「こいつはオリジナルだ、イチャモンつけんじゃねー」という、ヤクザ丸出しの言い訳三昧。普通ならこれだけでマスコミが炎上するところだが、博報堂がバックに居るから何も言えないだろうとばかりにふんぞり返っていた。
これは広報用画像での無断使用発覚でも続き、手違いだった、俺は悪くないの一点張り。この件は時系列的には後で、2ちゃんねらーたちを激怒させるに至ったため調べあげられ発覚したわけだが、とにかく盗人猛々しい、選民思想クズという印象を周囲に振り撒いているのが癌だろう。

ジャイアン理論

態度がデカい件でも分かる通り、博報堂とがっぷりタッグ組んでいるため、コピペもなにもやり放題、疑惑は握り潰せ、他人のものは俺のもの、というジャイアン理論(論理、だと思うが・・)が佐野のアイデンティティには根強く存在する。

佐野からは
「アァ?デザインなんざ他人の作ったもんパクりゃいいんよ、ワイは博報堂ついてんよ、マジ無敵や、ワイに喧嘩売るゴミは博報堂で蹴散らしたるわ」
という驕り高ぶりがひしひしと感じられる。

それゆえの情弱

もちろん佐野の驕りは、半分は事実だった。博報堂という官製合法ヤクザの力をバックに、マスコミを完全に押さえていたからだ。
しかしその神気取りが仇となった。法もマスコミも裁けない巨悪を裁く、2ちゃんねらーの存在を忘れていたのだ。さらに2ちゃんねらーの究極の武器、ググル画像検索の存在もスッパリ頭から抜けていた。

つまりは情弱に成り下がっていたのだ。

この世で情弱ほど罪深いものはない。情弱はスマホの維持にクソ高い金を使い、ヤフオクで郵パックと銀行振込を使い、コンビニで現金を使い一円玉を数えるだけではない。2ちゃんねるで見つけた画像urlを他板にそのままコピペしてしまうのだ。検索すればもっと大きい画像が出てくるのに、それを知らない。

日本にはggrksという有名な言葉がある。英語圏ではJFGIもしくはFGIと言う。Just fuckin google it. 無蝕童帝ググレカスググる事によってさらなる情報を導き出せる。そう、佐野は驕り高ぶるあまり、ググれなくなっていたのだ。

佐野の罪

佐野は事もあろうに、広告代理店のコネが日本においてどれだけ優れているか、世界中に暴露してしまった。加えて、日本人がいかに朝鮮人そっくりにパクるのかも知らしめてしまった。
これはひとえに、佐野の面構えが悪人のステレオタイプだった事と、驕り高ぶるあまり情弱に成り下がっていたために起きたと私は推察する。

今後の佐野にまずおすすめしたいのは整形手術だ。あのヤクザ面はどうにかすべき。次にアデランス。ハゲは印象最悪。デブとあいまって臭さ100倍。電車で横に立たれたらパワー系池沼を装ってパンチしたくなる。
盗作については、今後は美大の学生や部下のデザインをパクるなどして、なるべくネットからパクってくるのはやめるべきと忠言したい。ググられたらイチコロ。佐野はまずこれを憶えるべきだ。