読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

ヤマザキパンWebのおかしな写真

ヤマザキパンオフィシャルサイトのリクルートページをチラ見していて、変な写真に気付いた。そこから、山パンの内情について考えを巡らせてみる。

https://www.yamazakipan.co.jp/recruit/universities/work/p_r/kenkyu/index.html

問題の写真はここにある。リクルートの学生では気付かないだろう。

が、この写真。

どうだろう?おかしい事に気付くだろうか。
ミーティング・レポート作成に、なぜ島津のGPCだかICだか知らないが分析装置の付帯PCを使ってんのか?
こんなPCでレポート作成してたら普通怒られるぞ・・・と。

恐らくは、

研究室でパソコン弄って頑張ってるぞ的な絵が良いよね

的な意思が働いてこの写真が選ばれたのだろうが、装置の付帯PCと、事務作業に使うPCは分けるのが当たり前という点を見逃している。
作ったWebデザイナー、ざっと見ただけでOKしてしまった広報や人事部門、その事に気付く筈の誰も、この件に関わっていない。もし研究部門のある程度の役職が関わって居たのなら、これにOKは出さない筈だ。プレゼンしてるとこの写真にでも差し替えるだろう。

こういった、些細なつまらないところからも、企業の内情というのは察する事が出来る。

もう一つ、こういった研究室の写真からは、

その企業がどんだけ設備投資してるのか

といった事も伺い知る事が出来る。もちろんweb更新したタイミングによって新規導入設備が変わってくることはあるが、写真として載せたい装置はその企業にとって、概ね高額な機材であることが多い。うち、こんなの持ってるぜhehehe的な自慢も多分に含んでいるためである。

島津のIC、HPLC、LCMS・・・。業務内容から察すると恐らくICとHPLCだろう。正直どれも1000万程度の比較的安い分析装置だ。LCMS-IT-TOFあたりはもっとクソ高いが・・・。

山パンの研究所には、その程度の装置しか並んでないんだろうなぁと空想してみる。