読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

iPhoneが薄さにこだわる弊害

iPhone7を返品した。もともとApple Storeから購入していたので、2週間以内なら返品可能だった。返品の理由は色々あるが、一番は片手で使えない事だろうか。

同じ4.7インチ液晶のXperia Z3 compact(以下Z3C)は片手でギリギリ使える。Androidなので液晶上のキーが常時下部を専有しているというのを除いても、iPhoneSEよりは画面は大きく見やすい。何より、片手でフリック出来る。

iPhone7はどうかと言えば、フリックしていてBSを押したいときに親指がギリギリ届かず、持ち方を変えなくてはいけない。液晶上部を押すときもやはり持ち方を変える必要がある。

持ち方を変えようとすると、全体的に丸っこく指の引っ掛かりがほとんどないiPhone7(6も6Sもだが)は、よく注意していないと落としそうになる。iPhone3Gは背面が丸かったため、手のひらとの密着性が良く持ちやすかった。だがiPhone7は背面も平面で、密着性は良くない。

これでは到底、ながらでは使えない。両手で使うくらいならiPhoneじゃなくてもいいや、となってしまった。

薄さにこだわる問題

iPhoneが薄さにこだわっている理由が、いまいち釈然としない。iPadであれば、薄い方が確実に携帯性は良くなるから、これは当然支持できる。が、スマホであるiPhoneを薄くしても何のメリットもないのではないか。

まず強度が落ちる。筐体を極限まで削るわけだから、これは当然。

次にフットプリントがデカくなる。厚みのある部品の裏側を液晶にする事が出来ないためだ。Z3Cはメインカメラの裏側に液晶が被っているが、これを今の設計方針のiPhoneで実現するのは不可能だ。

フットプリントが大きい事でデッドスペースが増え、結果的に筐体はデカくなってしまう。

デカく、薄く、液晶は小さく、カメラ部は出っ張る。まったく意味のない設計だ。

ジョブズの支配を離れたiPhoneは、開発者のオナニーになっている気がする。

他の問題

あとiPhone7に思った事は、液晶の端部が湾曲しているせいで市販のガラスフィルムが全面に貼れない。若干浮くような感じになり、フィルムがすぐに割れる。

手ブレ補正が思ったより効かない。iPhoneSEと撮り比べてみて違いが分からない。片手持ちで撮ろうとすると、iPhone7は非常に持ちにくい。

イラついたのはシャッター音の大きさ。静かな観光地でセルフィーしたら、あまりのシャッター音に周囲の人が振り向くありさま。常軌を逸している。

使っていて、かなりイライラが募った。Appleの製品で、ここまで「合わない」と感じたのはiPhone7が初めてだ。

我慢して使うくらいならいらない。初めてそう感じた製品だった。