Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

2ちゃんで情弱バカ弄り

最近、2ちゃんのモバ板やリンゴ関係板、泥関係板などをよく見ているが、知ったかぶりの自称情強が腐るほど居て面白い。

今日は「第二種通信事業者はキャリアじゃない」と言い張るアホを論破してみた。

MVNOはキャリア?

Wikipediaでは「キャリアとは電気通信事業者の事」と書かれている。そこには、MNOやMVNOの区別はない。つまりMVNOもキャリアという事になる。
Wikipedia:電気通信事業者
まったくその通りで、同様の見解を取っているサイトとしては、
IT用語辞典:電気通信事業者
OCN:電気通信事業者
日本大百科全書:電気通信事業者
などが挙げられる。

にも関わらず、2chの自称情強は

キャリア=
第一種電気通信事業を認可された、電気通信サービスを提供する事業者のこと
知ったかのバカにこの意味わかる?
MVNOはお前の脳外ではキャリアではないんだよ

などと言い出す始末(→スレ)。突っついて遊んでいたら、Wikipediaをバカにし始めて大笑いした。
こいつらはなぜ、間違った知識で語りたがるのか?上記について述べれば、そこいらのマスコミがMNOを「大手キャリア」と呼ぶからだ。それを略して「キャリア」となる。だがキャリアという単語は元々、電気通信事業者そのものを指す単語なのだから、情強を気取るなら正しく使わなくてはならない。

いい加減な単語を作り出すマスコミの害悪

こういった知ったかぶりの増長を招いてしまう原因は、マスコミがいい加減な言葉遣いをすることにある。
MNOと呼べばいいものを大手キャリアと書いたり、MVNO格安SIMだの言ってみたり。いわゆる情弱に説明するためにそのように書いているのだろうが、勝手に造語を作るのは良くない。自分が情弱である事を認識出来ないバカが記事を真に受け、知ったかぶりで他の情弱達に吹聴する事になる。

ちなみに、自称情強を論破すると、草を植え始める。実年齢もかなり低いお子様なのだろう。