Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

UQたっぷりプランを月2080円のみで運用

ここ最近、UQ mobileの新規・MNPが熱い。本来月額4980円である通話2時間+パケ6GBの「たっぷりプラン」が、2年間1000円引き+1年間1000円引きの月額2980円で販売されており、大変お得・・・というのはUQの謳い文句だが、それ以外にも美味しい話がゴロゴロ出てきている。

一つはゲオがエントリーパッケージを1円で売っているというネタ。

ゲオが OCN、UQ mobile の格安 SIM カードを「1 円」で販売

先月から、ゲオではエンパケが100円程度で売られていたが、さらに安いのが登場したわけだ。だが、リンク先をよくよく見ると、端末同時購入の場合に限り、と小さく書いてあって、かなりの地雷。一部では、キャンペーンを理解していない店員が、抱き合わせと気付かずに1円販売しているそうだが。

しかしこの1円販売、実はこれそのものがトラップ。もっと美味しい話も転がっている。

それが

Amazon.co.jp限定BIGLOBE UQ mobile たっぷりプランエントリーパッケージ

これ。なんとこれ、キャッシュバックが1万円も貰える。なぜかこっちのキャンペーンはほとんど知られていない。Amazonで売られているBIGLOBE販路限定という、かなりマニアックなエンパケだからだろうか。

UQ買うなら格安端末も買え

最近、UQは格安端末のセット販売に力を入れている。それが「マンスリー割」というやつだ。MNOで言うところの端末購入サポートである。金額的には1000円程度とショボいが、元の料金が3000円程度で、そこから1000円引きなので、かなりお得だ。

ただ、「端末購入アシスト」という、なんでこんなネーミングにしたのか不明な「単なる分割購入支払い」もあり、間違いやすい。アシストは途中で解約すると残金一括精算になるし、そもそも分割代金でしかないので、何の意味もない。

大事なのは「マンスリー割」だ。アシストに入ろうと一括精算しようと、マンスリー割は付くので、ヤフオク即売価格と端末一括価格が似たような端末を買えば、マンスリー割の分だけお得になる。

今ならZenfone3がそのような価格となっている。

端末即売りで月2080円運用

というわけで、Zenfone3を34800円で同時購入し、ヤフオクで叩き売って35000円、マンスリー割が2年間900円。

割引をすべて合わせ、初年度2080円、2年目3080円で、たっぷりプランを運用する事になった。