Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

Root状態のPixel3のアップデート

特にPixel3に限った話ではないがメモ程度に。

はじめに

Root状態ではOTAでアップデート出来ない。やり方としては、公式からファクトリーイメージを落としてきて、wipeを外して焼くだけ。wipe外せばデータは消えないので、いちいちバックアップ復元とかの手間はない。
アップデートするとMagiskが入ってない状態になるので再度TWRPから入れる。このとき画面ロックをかけたままだと、TWRPがパスワード入力しろとか言ってきて(何を入れても無駄)先に進まないので、画面ロックを外してからMagiskを入れる。

アップデート方法

まず公式からファクトリーイメージを拾ってくる。
Factory Images for Nexus and Pixel Devices  |  Google APIs for Android  |  Google Developers
無印とXL間違わないように。

次にこれを解凍すると、flash-all.batが出てくるので、テキストエディタで開いて、-wを消す。

次にUSBデバッグモードにしたPixel3を繋いで、コマンドプロンプトからadb reboot bootloaderしてbootloaderに入り、先程のバッチファイルを実行。これでアップデート自体は勝手にやってくれる。

なお-wを消さないとワイプしてくれるので全データが消える。基本的には-wを消しておけばデータは消えない。

Magiskインストール

再起動後にMagiskマネージャの状態を見ると、マネージャは入っているけどMagisk自体が入ってない状態になっている。アプリからインストールは無理の模様。
しょうがないのでTWRPからインストール。これは以前説明したとおり。現状Magiskの安定バージョンは18111で、18112はなんかヤバそう。
ahiru8usagi.hatenablog.com
TWRPからのインストールはこのサイトの通りに行えばいい。

注意点は、TWRPが起動したあと、パスワード入力画面なるものが出てくる点。
ここではどんな文字列入れてもエラーになる。

回避方法は簡単。
scratchpad.jp
ここに書いてあるとおりで、ようは画面ロックを外せばいい。指紋など再登録になるが、5本登録してもせいぜい1分以内だろうからめんどくさがらずにやる。

以上で終了。なお、民泊テザリング有効化等行っていた場合は再度行う必要がある。