Lattice in the Lettuce

The monologue of a scientist.

2019年 石垣島、西表島、与那国島の携帯電話回線・モバイル回線速度

はじめに

2019年3月末、1週間ほど有休を取って八重山諸島に旅立った。この旅の目的は来月には消えてしまう有休の消化とか色々あったが、ひとつ、とても気になっていた事を確かめるというのもあった。それは、最果ての地での携帯電波状況というか、ぶっちゃけ携帯電話回線、つまりモバイル回線の速度ナンボ出るのか?というもの。今回はドコモとソフトバンクについて見てみる。
ググってみても、沖縄本島や石垣はともかく、西表島は0.5Mも出ないという2014年当時の記事以外さっぱり。5年前と今では相当違うはず、と思いつつ、スマホを3台持って旅に出た…はずだった。

au忘れました

沖縄本島に着いて初めて気づいたが、auというかUQ入れてるスマホAQUOS R compact)を忘れて来てしまった。帰ってきて確認したら机の上に放置してあった。というわけで、今回はdocomoキャリアとSoftbankキャリアだけということで。一応、au基地局とかは調べられるとこだけ調べてきた。スマホは、docomoがiPhone8、SoftbankがPixel3。Pixel3はSoftbankオールバンドではなくB11だけ抜けているが、レアバンドなので気にしない事に。なおMVNOでは測らなかったが、キャリア回線速度で頭打ちになるので、測っても意味はないと思う。

那覇空港の何だこれ

f:id:lettuce_chan:20190327213609j:plain:w300
いつものように那覇到着後の待ち時間はANAラウンジでドヤリングもといWeb確認(行きは写真撮り忘れたため帰りに撮ったもの)。さてここでの速度はというと

f:id:lettuce_chan:20190327213938j:plain:w300

なんと・・。docomoが245Mbps、Softbankでも189Mbpsという、めったに見ない異様な速度。CA状態を見るとB42が飛んでおり、ナンチャッテ5Gの凄さを感じた。

石垣島

石垣島の通信環境は総じて良くなっている。固定回線もフレッツ光があり、ホテルではどこでも50Mbps~の速度が出るし、モバイルでも20~50Mbpsは出るようだ。

石垣シーサイドホテル

今回の石垣島での宿は、有名な川平湾の裏手(こちらも底地ビーチという海岸)にある、石垣シーサイドホテルのコテージだ。
f:id:lettuce_chan:20190327220540j:plain:w250f:id:lettuce_chan:20190327220615j:plain:w250
ここでの速度は、というと。

f:id:lettuce_chan:20190327220752j:plain:w300

docomoが36.6Mbps、softbankが46.9Mbpsと、softbankの方が速かった。基地局との相対距離等によるのだろうか。

離島ターミナル

石垣島では、川平湾の遊覧船乗り場や石垣鍾乳洞前、そして空港などいくつかのポイントで測定したものの、docomosoftbankも大した速度差にならず、概ね40~50Mbpsといったところだった。石垣の次の予定地である西表島へ渡るための離島ターミナルでの速度を載せておく。
f:id:lettuce_chan:20190327222220j:plain:w300

f:id:lettuce_chan:20190327221758j:plain:w300

docomoが53.1Mbps、softbankが48Mbpsとあまり変わらない。もっともsoftbankPingは遅いしジッターも酷いのでレスポンスは良くない。またマルチ測定しているのにB1を掴みっぱなしでB8に切り替わらず、飛行機飛ばしてやらないと異様に遅い場合が結構あった。

西表島

西表島では、キャリアによって大きく差が出た。理由としては基地局の質の差というか、softbank基地局をかなりケチって作っている(電柱やら建物の屋上やら)ため、山がちな地形では非常に不利になるという事が大きい。しっかりタワーを立てているdocomoは、概ねどこでも15~50、最大で120Mbpsも出た。同様のタワーを立てているauも、今回は測っていないものの、docomoクラスの速度だろう。
西表島の固定回線は、2018年夏頃以降にやっとフレッツ光が整備されはじめたらしく、まだ対応していないエリアが多い。そんなわけで、西表島は固定回線よりモバイル回線の方が速いという特殊な状況になっている。

西表島・上原港

安栄観光の高速船で、西表島に渡る。
f:id:lettuce_chan:20190330090624j:plain:w200f:id:lettuce_chan:20190330090527j:plain:w200
上原港には宿やレンタカー会社の出迎えがひしめいていた。バスに乗り込む前に速度テスト。

f:id:lettuce_chan:20190330090859j:plain:w300

ここではsoftbankの方が頑張っている。これは期待出来るなぁとバスに乗り込みレンタカー屋を経由して、宿泊先のホテルニライカナイ西表島に向かう。

ニライカナイ西表島

このホテルの近辺は、事前情報でsoftbankが圏外というのがあったので気になっていた。
f:id:lettuce_chan:20190330092035j:plain:w200f:id:lettuce_chan:20190330092106j:plain:w200
現地スクショを忘れたので、履歴から呼び出してスクショした。なお、部屋の中だとsoftbankが本当に圏外だったので、ホテルの外に出て測定した。

f:id:lettuce_chan:20190330092153j:plain:w300

docomoは上原港と大差ない速度だが、ハゲsoftbankはアップロードがほとんどロスっている。翌日ぶらぶらしながら基地局を探してみようと思いつつ、今日は地元の郵便局で荷物受け取りに出かける(石垣島から局留めでダイビング器材を発送していたので)。

スーパー星砂

郵便局の近所に、ブログ等で有名な食料品店があったので入ってみる。
f:id:lettuce_chan:20190330093736j:plain:w250f:id:lettuce_chan:20190330093810j:plain:w150
石垣島に比べるとだいぶ高いものの、そこらのコンビニと同じような品揃えをしている。なおこの西表島にコンビニはない。
さて、速度の方だが

f:id:lettuce_chan:20190330094113j:plain:w300

なにぃー。docomo111Mbpsだと?ウチの近所こんなに出ないぞ。softbankも55.5Mbpsとかなり健闘している。使用者が少ないからなのか、何なのか。付近の山の上に、docomoauとおぼしきデカい鉄塔が立っている。おそらくauも100Mbpsくらい出るだろう。

浦内川遊覧船乗り場

これもよく旅行日記などに出てくるマリユドゥの滝・カンビレーの滝見学ツアーの発着場所である、浦内川遊覧船乗り場に来てみた。
f:id:lettuce_chan:20190330095704j:plain:w250f:id:lettuce_chan:20190330095811j:plain:w150
ここでもdocomoは86.9Mbpsも出る。softbankも23.3Mbpsだ。

f:id:lettuce_chan:20190330100220j:plain:w300

ニライカナイ西表島周辺のsoftbank基地局

さてニライカナイ西表島周辺ではなぜsoftbankの速度が出来ないor圏外なのかを調べてみる。
f:id:lettuce_chan:20190331200650p:plain:w150f:id:lettuce_chan:20190331200305j:plain:w300
まずアプリで基地局情報を調べてみる。ホテル前ではBand1で繋がっているのが分かる。この田舎ロケーションでB1というのは不自然なので、おそらく3G基地局の転用だろう、というのは置いておいて、マップで見てみるとさほど遠くない距離(2.7km)にあるのに、信号強度(RSRP)が-117dBmとかなり弱い。ハゲは往々にして公開情報と異なる位置に基地局があるというケースがあるため、本当にこの位置に基地局があるのか行ってみた。
f:id:lettuce_chan:20190331201337j:plain:w200f:id:lettuce_chan:20190331201411j:plain:w200
ロケーション地図では、この位置にあるはず・・だが、どこにもない。やはり場所が違うんだろう、と思いつつ周辺を探してみると
f:id:lettuce_chan:20190331201815j:plain:w300
ずいぶん離れた住宅地の一角(青丸の位置)でようやく発見。いくらなんでも離れすぎだろう。ニライカナイ西表島まで5km以上だし、住宅地だし、見通しが取れない地上高の電柱アンテナで高周波数のBand1。これでは圏外になるのも当たり前だ。
ちなみにこの近所の別基地局は、というと、ニライナリゾートの近所の商店前に
f:id:lettuce_chan:20190331232914j:plain:w300
電柱オムニを1本発見。しかしこれの周波数はLTE700つまりBand28。レアバンドなので対応機種が限られる。非対応機種であれば当然圏外になるわけで・・。なぜメインのプラチナバンドであるBand8を置かないのかまったく謎だ。

船浮集落~イダの浜

今日は、白浜の港から船浮集落まで船で渡り、そこからイダの浜まで歩いてみる。イダの浜は、船をチャーターしなくても行ける場所としては国内最果ての地で、人工物がほぼ何もないところと聞いている。
f:id:lettuce_chan:20190406203335j:plain:w250f:id:lettuce_chan:20190406203412j:plain:w250
船乗り場の白浜港で時刻表を見ると、1日5便のようだ。出港までしばらく時間があるので速度チェックしてみる。
f:id:lettuce_chan:20190406203954j:plain:w300
docomoで91Mbps、softbankでも30Mbps弱となっている。白浜港は問題なさそうだが、船浮集落はどうだろうか?気になる。
それでは船で渡ってみよう。船浮集落は古くからある集落で、南の島の小さな村という雰囲気を醸し出している。
f:id:lettuce_chan:20190406205634j:plain:w250f:id:lettuce_chan:20190406205703j:plain:w250
ここでの通信速度は、というと
f:id:lettuce_chan:20190406204440j:plain:w300
softbankがいきなり圏外。やっぱりハゲだもんなぁ。ではdocomoはといえば、
f:id:lettuce_chan:20190406210048j:plain:w300
おおっさすがはdocomo。20Mbpsも出ている。白浜港の基地局だけでこんな遠くまで届いているのかと思ったら、
f:id:lettuce_chan:20190406210222j:plain:w200f:id:lettuce_chan:20190406210324j:plain:w200
集落内にちゃんと基地局があった。なんというか、docomoの凄さを改めて見せつけられてしまった。
ちなみに基地局は、auのもちゃんとある。docomoのは海岸線だが、auは山の中というか貯水塔の上に間借りしているようで
f:id:lettuce_chan:20190406210607j:plain:w200f:id:lettuce_chan:20190406210708j:plain:w150
こちらの方が地上高が高いから、おそらくdocomo以上の速度が出るだろう。
船浮集落からイダの浜まで歩こう。ゆっくり歩いて15分くらいの距離だ。
f:id:lettuce_chan:20190406211242j:plain:w250f:id:lettuce_chan:20190406211310j:plain:w250
イダの浜は真のブルーオーシャンだ。石垣島でいうと川平湾くらいの青さ。ここで天気の良い日に泳いだらどんなに素晴らしい事か・・。
なお、この写真はドローンのDJI Mavic2 zoomで撮影しました。
さて、docomoの速度だが・・・
f:id:lettuce_chan:20190406211738j:plain:w300
うおーすげー。こんな地の果て(失礼)でも30Mbpsも出る。au基地局から見通しが効くポイントなので、docomo並かそれ以上に出るはず。
写真を撮り忘れたが、イダの浜付近にはdocomo光ファイバーが埋まってるので注意という看板があった。この先は、網取というチャーター船以外では行けない場所があるのみ。どういう経路でどこと繋がってるのかまったく不明。

ということで、船浮集落~イダの浜は、docomoauであれば問題なく通信できる。softbankは圏外。ハゲをメインに使ってる方はご注意を。



残りは後日更新。